2010年09月28日

小説『学校戦争』プロローグ/エピソード1『母の味』

Seesaaの方は久方ぶりの更新ですね。現在は主にTumblrのほうでブログを書いています。whitecapsです。今回はPDFを載せるためにSeesaaの方に記事掲載します。

新しい長編小説を書こうかな、書けるかな、と検討中なのですが、今回の記事でその長編小説のうちプロローグとエピソード1を掲載したいと思います。本当はこれはアニメ作品の企画にならないかなと思って考えたものなのですが、当然アニメーションを制作することなんか私には不可能なので、小説ということにしたいと思います。小説のタイトルは『学校戦争』。

PDFミニアイコン小説『学校戦争』プリント1 - 画面表示用PDF(212KB)
PDFミニアイコン小説『学校戦争』プリント1 - 印刷用PDF(234KB)
内容:
  • プロローグ
  • エピソード1:母の味
(時期を見てモバイル用PDF、テキストファイル配布等を考えていきたいと思います。)

概要は以下。
『学校戦争』はエンターテイメント言論文化小説作品企画。2020年、日本のある地方の高校を舞台に、すさんだ世相の中に自らの道を強く信じ、「今」を歩いて行くその高校の生徒たちの姿を描く。

この作品の企画は去年のうちから暖めていたもので、ようやく構想がかたまってきたので一部掲載することとしました。もちろん図書館戦争等様々な作品から影響を受けてます。一応エンディングに「TO BE CONTINUED...」とは書いていますが、パソコンで文字を読むと私はてきめん目が疲れるので、続きを書けるかどうかはわかりません。と言うかエピソード1の時点では本編すら始まっていないのですが……。とにかくよろしくお願いします。

【追記(10.13):知人から内容についていくつか指摘があったので、その部分及び他の一部を修正して再投稿しました。】


ラベル:小説 学校戦争
posted by whitecaps at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする